プラセンタ 効果

プラセンタで得られる効果とは?

美容効果で注目される「プラセンタ」は、哺乳動物の胎盤をさします。
母体内で、胎児の発育に必要な働きを全て胎盤が担うため、栄養素の宝庫です。
プラセンタの歴史は、紀元前まで遡ることができます。

 

また、医薬品としてヒト(人間)由来プラセンタは、厚生労働省認可のものです。
医療現場で使用されるほど、身体への改善効果もあります。

 

美容効果

  • 美白や保湿作用
  • 皮膚細胞の新陳代謝促進
  • コラーゲンの生成
  • 細胞の増殖や再生
  • 血行促進や免疫力の活性化
  • 活性酸素の除去
  • 抗炎症や抗アレルギー作用

などになります。

 

美容効果は、「成長因子」という成分のおかげです。

 

  • 細胞分裂の促進
  • 身体機能の維持に必須な5大栄養素
  • 核酸や酵素
  • ムコ多糖体やアミノ酸

 

このような成分を豊富に含んでいます。

 

健康効果

  • 細胞の新陳代謝促進や基礎代謝向上
  • 活性酸素除去や体質改善
  • 血行促進や造血
  • 血圧調節や損傷組織の修復
  • 疲労回復や精神安定  

など健康方面にも作用するのです。

 

プラセンタの副作用

しかし、「副作用?」と感じる身体症状が出ることもあります。

 

  • 体重増加や便秘
  • 蕁麻疹や吹出物
  • 胸が張るや痛い
  • 体臭がきつくなる
  • 頭痛や倦怠感
  • 夜中に目覚める
  • 生理時の出血量増加や生理が早くなる

 

これらは、「瞑眩(めんけん)現象」といわれ、一過性のものが殆どです。
プラセンタの代謝活性化、体内の組織や細胞の正常化に伴う、体質変化で起きます。

 

もし、発疹や痒み、赤みなどが出た時は、副作用の可能性もあるため、中断や摂取量を減らしましょう。
なぜなら、サプリなどに含まれる、添加物や不純物で起きる場合があるからです。

 

また、ヒトプラセンタの注射をすると、献血はできなくなります。
プラセンタは、純度の高いサプリやドリンクなどで摂取しましょう。

 

純度が低いと効果も出にくく、副作用の危険も高まります。
プラセンタは、継続することで効果を実感してくるので、継続してみて下さいね。